容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

原付のタイヤのパンク状況を確かめよう

  1. 2010/10/16(土) 06:01:14|
  2. 日記|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1
原付のタイヤがパンクを起こしたと思われる場合には、その状況をしっかりと確かめる必要があります。
具体的に言うと、パンクしたタイヤが、チューブか、あるいはチューブレスかを確かめなくてはいけません。
なぜかというとそれによって修理方法が代わってくるからですね。


チューブとチューブレスの違いはといいますと、まあ文字通りチューブが入っているかそうでないかの違いだけですね。

あと、単純にタイヤに記載されている表示を鵜呑みにしてはダメです。
というのもチューブレスのタイヤにでもチューブを入れることはあるからです。

では、確実な確認方法というものはあるのでしょうか。
チューブタイプのものにチューブレス用のパンク修理をしてもパンクがいつまで経っても直りません。
確実にどちらかを見極める方法としては、エアーの入れ口の形で判断することもできるんです。

チューブレスはというとタイヤも然ることながら、チューブレス仕様のホイールなのです。
空気の取り入れ口についてはゴムの一体系で出来ているんですね。

チューブタイプはチューブに空気取り入れ口が付いているんです。
ホイールの側からネジで止まっているものが大半ですね。

ただ、この見極め方も決して完全・・・というわけではないのですね。
一番手っ取り早い方法はタイヤをめくってみるのが最も確実ですね。

原付のパンク修理に取り掛かる前には、しっかりパンクの状況をしっかり確認することを忘れないようにしてくださいね。



リンク集


『ほんの小さな行動が未来の行き先を変える』


『人を喜ばせることは簡単なように見えてそうでもない』


『楽しい人生とは人生を楽しいと思うことです』


『失ったものはいらないものなのです!』


『自分は勝つ!と思い込む人に勝利は訪れる!』


福岡インターナショナルビジネス協会(FIBA)とは?


ネットワークビジネスとFX、成功の度合いは?


ネットワークビジネスの成功は組織活性が秘訣


初心者でも成功できる在宅ネットワークビジネス


中高年がネットワークビジネスで成功する方法を教えます!


どうしても痩せたい!


消費エネルギーと摂取エネルギーの関係


夜のお付き合い夜のお付き合い夜のお付き合い


この時間にこれをやらなければ


DTIブログって?